LunaRitta

たった1日で1kgも体重が増えた!?生理と体重の関係

毎日欠かさずに体重を量っていると、普段と同じように過ごしているはずなのに、なぜか体重が1kgも増えていて驚いてしまったことがないでしょうか? 実は、体に水分を溜め込みやすい生理前には、たった1日で体重が増えてしまうことがあり得るのです。今回は、そんな生理と体重の関係についてお伝えします。

1~2kgは許容範囲?生理前には体重の変化がある

生理周期アプリを使うメリット

「昨日体重を測ったときよりも、1kgも増えていた……」
日頃から食生活に気をつけて適度な運動を続けたとしても、1日に減らせる体重はたかが知れています。それなのに、たった1日で1kgも増えてしまったら、体重を元に戻すためにどれだけの努力が必要になるのかと、不安になってしまいますよね。

さて、ダイエット中の女性にとってはショッキングな事実ですが、実は生理前の女性にはこの程度の体重の変動が起こることは珍しくありません。なぜなら、女性の体は生理周期によって水分を溜め込みやすくなってしまう時期があるからです。

排卵後から生理前にかけて、女性の体内ではプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えます。プロゲステロンの役割は、妊娠の準備を整えること。ところが、その働きによって体内に水分が溜め込まれたり、便秘になりやすくなったりすると、多いときで1~2kgもの体重の変化が起こってしまうというわけです。

生理前に増えた体重の正体とは……

生理前に増えた体重の正体とは……

生理周期との関係によって、体重が大きく変化することがある生理前。それでは、生理前に増えた分の体重の正体とは、一体どのようなものなのでしょうか?

水分によるむくみ

プロゲステロンの働きによって、生理前は体に水分が蓄えられます。そのため、この時期には蓄えられた水分により体重が増え、むくみを感じやすくなります。増えた水分は生理後に自然と排出されるため、体重はその後元に戻ることがほとんどです。

便秘

プロゲステロンの働きによって、生理前には子宮の収縮が抑えられます。すると、大腸もこの影響を受けて動きが弱められてしまうため、この時期は便秘になりやすくなるのです。こうして体に溜まった老廃物により、体重が増えてしまうことも考えられます。

体脂肪

生理前には、プロゲステロンの働きによって血糖値が急激に高まったり低くなったりするため、無性に甘いものが食べたくなったり強い空腹を感じたりすることがあります。この時期の暴飲暴食が続くと長期的な体重の増加につながるおそれがありますから、ご注意ください。

ダイエットをするなら生理周期を把握しておこう

ダイエットをするなら生理周期を把握しておこう

現在ダイエットをしている女性は、自分の生理周期を把握しておくことをおすすめします。なにも知らないままで痩せようと努力していると、突然の体重増加に驚いてしまったり、あるいは結果が出にくい時期に無理をしてしまったりするかもしれません。

女性の体は、生理周期によって痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。痩せやすい時期にはトレーニングで体を動かして、痩せにくい時期にはストレスを溜めないようにケアをするなど、体調に合わせたプランを立てるとスムーズにダイエットに取り組めます。

そこでダイエット中の女性におすすめしたいのが、生理周期と体重を同時に管理できるスマートフォンアプリの「ルナリッタ.」です。登録した体重は見やすいグラフ表示にできますし、生理日を登録しておけば、自分が今痩せやすいのか痩せにくいのかがすぐに分かります。 女性の体と深い関係がある月経。生理周期アプリを活用して、なかなか結果を出すのが難しかったダイエットプランを、改善してみてはいかがでしょうか。

***

女性の体は生理前に水分を溜め込みやすくなるため、多いときで1~2kg体重が増えることがあります。また、女性ホルモンの影響によって起こる便秘や食欲の増進も、体重を増やす要因です。ダイエットをするときは、ご自身の生理周期を意識したプランを立てましょう。

関連記事

痩せやすいのは●●後だった!ダイエットで生理周期を意識するべき理由
今からでも遅くない!冬~春に始めるダイエットの秘訣
ダイエットで痩せないのはなぜ?なかなか結果が出ない理由5つ

App Store Google Play