LunaRitta

コーヒーは肌にいいの?コーヒーの効果まとめ

コーヒーはカフェインが含まれているため、体に良くないというイメージを多く持たれています。
しかし、コーヒーは飲み方次第で美肌効果が期待できる魅力的な飲み物なのです。近年、コーヒーの美肌効果は注目されており、科学的にも効果があると注目されています。

コーヒーには美肌効果がある

コーヒーには美肌効果がある

コーヒーにはカフェインのほかに、クロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールという成分が含まれています。これらの成分は、私達の肌に様々な効果をもたらします。

クロロゲン酸のアンチエイジング効果

美容分野でよく言われるアンチエイジングとは、老化の原因となる活性酸素の過剰発生を予防することをいいます。クロロゲン酸の持つ抗酸化作用で活性酸素の過剰発生を防ぎ、シミ予防やたるみなどの肌の老化防止に効果があります。

ニキビ・肌荒れ予防

ポリフェノールの持つ抗酸化作用と殺菌作用が、ニキビの原因となる皮脂の酸化を防ぎ、ニキビや肌荒れを予防してくれます。

カフェインの利尿作用

カフェインは利尿作用があり、体内の老廃物を排出してくれるので、むくみ改善にもなります。さらに胃腸の働きを良くする作用もあるため、便秘が解消されて肌荒れを防ぐ効果もあります。

美肌効果を高めるコーヒーの飲み方

美肌効果を高めるコーヒーの飲み方

美肌効果があるといっても、飲みすぎると血行が悪くなったり、肌荒れの原因になることがあります。美肌効果が期待できるポリフェノールの摂取量は1日に3~5杯といわれています。また、ポリフェノールは体内に留めておくことができないため、小まめに飲むことが大切です。目安としては、3~4時間に1杯ずつ飲むと美肌効果が高いといわれています。
ただし、夕方以降にコーヒーを飲むと、カフェインの作用で睡眠に影響することがあるので、飲む時間には注意が必要です。
また、コーヒーの種類については、ポリフェノールが多く含まれるドリップコーヒーをおすすめします。

コーヒーは生理痛を悪化させる?

コーヒーは生理痛を悪化させる?

生理中にコーヒーを飲むと生理痛がひどくなるから飲まない方がいいと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。生理痛の一番の原因は体の冷えとされていますが、その冷えを悪化させる成分がコーヒーのカフェインなのです。
このカフェインには神経を刺激して覚醒させる、血管を収縮させるという2つの作用があります。神経を刺激する作用は生理中のイライラの悪化に繋がります。また、血管を収縮させる作用が体の冷えの原因となり、ホルモンの分泌量を増加させ、それが骨盤に溜まってしまうと生理を長引かせる場合もあります。
コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲料は緑茶などたくさんあります。生理中はなるべくカフェインの摂取を控えた方がよいでしょう。

***

コーヒーには様々な美肌効果があり、シミ予防や肌荒れを防いでくれます。しかし、コーヒーに含まれるカフェインは生理痛を悪化させたり、生理を長引かせてしまう原因になる場合があるため、生理中はコーヒーの摂取は避ける必要があります。人それぞれ生理のタイミングは異なるため、自分でしっかりと生理サイクルを把握する必要があります。
生理周期アプリなどを利用することで簡単に生理周期を管理できるため、管理が苦手な方は特にアプリの使用がおすすめです。ルナリッタ.では、生理周期に合わせた美容や健康のアドバイスを得ることができます。生理周期の管理だけではなく、体の内側からキレイと健康を手に入れるための情報が得られるのはうれしいポイントですよね。
ルナリッタ.で正しい生理サイクルを把握し、正しいコーヒーの飲み方をマスターすることで美肌と健康を手に入れましょう。

Sample Company Sample Company