LunaRitta

夏のダメージを残さないために…秋にやるべきケアとは?

夏は一年の中で最も暑く、強い紫外線が降り注ぎます。夏は肌トラブルの多い季節です。そんな夏の暑さも和らぎ、冬のような厳しい乾燥もない秋はついついスキンケアを忘れていませんか?秋の肌は夏の疲れが残っていて、実はとてもデリケートな状態です。夏のダメージを修復するためにも秋のスキンケアに力を入れましょう。

今回は夏のダメージを残さないための秋のケアについてご説明します。

秋の肌はデリケートな状態

秋の肌はデリケートな状態

夏の間、強い紫外線やエアコンの乾燥によって蓄積されたダメージは夏の終わりから秋の初めにかけてお肌に現れます。秋の肌は紫外線の影響でシミやそばかす、くすみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。
また、秋にかけて気温・室温の低下により血液循環も鈍りはじめるため皮脂や汗の量が減少し、肌は乾燥しやすくなります。この状態で冬を迎えるとシミやしわを定着させてしまう原因になります。

秋にするべきスキンケア

秋にするべきスキンケア

秋の肌の状態はとてもデリケートです。正しいスキンケアを行い冬の乾燥に負けない肌作りを目指しましょう。
秋にするべきスキンケアは以下の通りです。

十分な水分保持、保湿をする

スキンケアの基本ですが、この時期にしっかりと保湿をしておきましょう。夏に受けた肌のダメージと冬に備えるためには保湿が必要不可欠です。洗顔後は化粧水をたっぷりと含ませて肌に十分な水分を与えます。肌に浸透させた後は乳液で蓋をします。水分が蒸発することを防ぎましょう。肌のターンオーバーを促すためには保湿は欠かせないものです。
保湿成分としては、ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタ、アミノ酸、イソフラボン、グリセリンなど多くの成分が知られています。その中でも「セラミド」は肌表面のすぐ下にある成分です。そのため肌に浸透しやすく、外部からの刺激に負けない肌へと導いてくれます。

紫外線対策

紫外線は夏のイメージが強いかもしれませんが、秋冬でも夏とほぼ同じ量の紫外線が降り注ぎます。日焼け止めは夏と同様、毎日塗るようにして紫外線対策を行いましょう。
また、朝晩のスキンケアにはハイドロキノンやビタミンC誘導体など、紫外線によるシミを薄くしたり解消したりするのに効果の期待できる有効成分を積極的に取り入れたケアがオススメです。

食事・睡眠をしっかりととる

食事・睡眠をしっかりととる

スキンケアや紫外線対策などの「外側のケア」をより効果的にするためには、生活習慣や食生活を見直す「内側のケア」も必要不可欠です。
夏のダメージを蓄積した肌にはお肌のターンオーバーが欠かせません。新しい肌に生まれ変わるためにはできるだけ睡眠不足は避けましょう。7~8時間以上の睡眠時間をとるように心がけましょう。

また、睡眠だけではなく栄養バランスの良い食事を摂ることも重要です。美肌ケアに役立つビタミンAやビタミンC、ビタミンEを含む食材を食事に取り入れましょう。 肌を美しい状態に保てるように睡眠をしっかりと取り、偏った食生活は見直していくことが大切です。
また、秋は気温が大きく変化する日が多く、体調や精神が不安定になりがちです。この不調は自律神経やホルモンバランスの乱れが関係しています。

ホルモンバランスが乱れることによって生理が遅れがちになったり、PMSの症状が普段より強めに出る可能性があるので注意が必要です。そのため、生理周期を把握しておくことで自分の生理の遅れや体調、メンタルの状態が変化しているのか知ることができます。

***

夏の間に紫外線や冷房、汗でダメージを受けた肌。 紫外線対策やスキンケアの外側のケアと食事・睡眠などの内側のケアを工夫しながら秋からの美肌ケアにアプローチしていきましょう!
また、秋は体調を崩しやすい季節です。ホルモンバランスも崩れやすい季節なので生理が遅れがちになったり、PMSの症状が普段より強めに出る可能性があるので注意が必要です。
美容情報アプリの「ルナリッタ.」で生理周期や今の体調、メンタル状態など今の自分の状態の変化を把握することができます。生理日や排卵予定日はもちろん、生理周期に合ったアドバイスのチェックや美容サロン予約など、まとめて管理することができます。是非一度お試しください。



関連記事

夏は毛穴の開きにご注意!毛穴のない肌にするには?!
夏の肌トラブルのお悩みは食べ物で解決しよう

Sample Company Sample Company