LunaRitta

生理中は不向き?夏ダイエットのコツ

夏になると暑さからか、食欲が落ちてしまいがちです。
この食欲不振のタイミングにこそ、ダイエットを!と思っている女性も少なからずいるはずです。食欲がないからと食事制限をしたり偏った食生活をすると、生理不順や体調不良に悩まされることになります。
今回の記事では、ダイエットに最も不向きといわれる生理中の食事との向き合い方についてご紹介します。

無理な食事制限は生理不順の元!

無理な食事制限は生理不順の元!

極端な食事制限をすると、食事量が限られるため栄養不足に陥ります。体重が急激に減少することによって、貧血、頭痛、下痢などの体調不良やイライラなどの精神バランスまでくずれてしまいます。
生理は、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが絶妙な分泌量を保つことによって、おこります。心身ともに衰弱している状態になると、この2つのホルモンのバランスが不安定になり、生理不順になってしまうのです。いったん生理のリズムが狂ってしまうと元に戻すのは意外と大変です。生理周期の間隔や血量など、少しでも生理に変化があると精神的なストレスになりやすく、さらなる体調悪化をもたらしてしまうかもしれません。
また、それが長期間続くと不妊になってしまう可能性も高くなります。一度でも生理不順の兆候が見られたら、食事制限はすぐにやめましょう。生理不順になってしまった場合は、とにかくバランスの良い食事、規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

生理中はダイエットには不向き

生理中はダイエットには不向き

女性の生理周期の中で最もダイエットに適していないのが、「生理中」といわれています。なぜ生理中はダイエットには不向きなのでしょうか?

生理中はむくみやすい

むくみは、体に水分を溜め込む働きのある黄体ホルモンが生理前に増えることによりおこります。
また、生理中は血行も悪くなるため、さらにむくみやすくなります。生理中のむくみ改善のためには、塩分を摂りすぎないように気をつけましょう。過剰な塩分摂取は体に水分を溜め込みやすくし、むくみを悪化させる原因になるためです。
また、血流を良くするために、適度な運動や入浴も効果的です。

食欲の増加による暴飲暴食

むくみ同様、食欲の増加の要因となっているのは黄体ホルモンです。黄体ホルモンは情緒不安定やイライラなどの精神症状を引き起こしてしまうため、黄体ホルモン量が増加する生理中は、ストレスによる過食など、食欲のコントロールがしにくくなります。
暴飲暴食を防ぐためには、生理中に変動が激しくなってしまう血糖値を、一定に保てるような食事を心がけることがポイントです。1回の食事量を減らして、1日3~4回の食事を摂るほうが血糖値は安定しやすくなるので、意識してみてください。

体の代謝が落ちる

生理中は女性ホルモンが徐々に減っていきます。それに伴って体温が低下すると新陳代謝も下がり、体内に蓄積されている塩分や水分などの老廃物が排出されにくくなります。体を温めて新陳代謝を上げることで体内の循環を円滑にするため、軽い運動を心がけたり、夏でも露出し過ぎないことを意識しましょう。

生理中に積極的にとったほうが良い食品とは?

生理中に積極的にとったほうが良い食品とは?

生理中は、女性ホルモンのバランスが乱れるため、生理痛や貧血などの症状がでる女性も多いです。
そんな生理中の悩みを緩和させてくれる、健康的で栄養バランスのとれた食生活を送るためにおすすめしたい食品をご紹介します。

マグネシウムを含む食品・・・子宮の収縮を抑える働きがあります。生理痛がひどい人は、豆腐・納豆などの大豆製品や青海苔・昆布などの海藻類といったマグネシウムを多く含む食品を摂ることで、症状の緩和が期待できます。

鉄分を多く含む食品・・・ 貧血の症状を防ぎます。生理中の貧血に悩む方は特に、鉄分摂取を心がけましょう。鉄分を多く含むレバーや赤身などの肉類、ひじき、ほうれん草、プルーンなどがお勧めです。また、鉄の吸収を高めるビタミンC、赤血球を生成する際に必要となる葉酸の摂取も心がけると良いです。

カラダを温める食品・・・ 生理中は、普段より体が冷えやすくなっています。冷えにより生理痛などの症状がひどくなることがあるので、できるだけ身体を温める食材を摂りましょう。生姜やネギ、ごぼうやにんじんなどの根菜類は身体を温める作用を持ちます。また、ハーブティーやココアも身体を温め、同時にリラックス効果により精神的な不調の緩和にも効果的です。

生理中は女性ホルモンの関係からダイエットに適さないことがわかりました。しかし、太ってもしょうがないと諦めるのではなく、現状の体重を維持するため、生理中のストレスを軽減するような食生活を送るようにしましょう。
一般的に、生理後から排卵日にかけて、食欲が減り、脂肪燃焼しやすい時期になりますので、最もダイエットの効果が出やすいタイミングといわれています。生理周期アプリなどでしっかりと自分の生理サイクルを把握し、適切な時期に適切な対応をしていきましょう。
***

夏は食欲が落ちやすいため、食事制限をしたり体を冷やす食品を中心に摂取することで、ダイエットをしようとする方が多くなります。
しかしながら、そうした食習慣の偏りは、生理不順の原因になってしまいます。生理中は特にダイエットに不向きなので、この期間は体重の維持に努め、少量をこまめに食べたり、食べ過ぎに注意したりして、生理中の食欲とうまく付き合うことが大切です。
生理後から排卵日にかけての期間は、ダイエットに効果が出やすい時期といわれており、しっかりと自分の生理周期を把握することで無理のない夏ダイエットを行いましょう。

関連記事

夏までに痩せたい方には、生理周期ダイエットがおすすめ!
夏目前!ダイエットの総仕上げにやっておくべきこと3選
夏までに痩せたい!生理周期とダイエットの関係とは?

Sample Company Sample Company