LunaRitta

生理なんて気にしない!予定日を把握して夏を楽しもう!

もうじき梅雨の季節がやってきますね。梅雨が明けるとあっという間に夏。海に旅行にコンサート・・。夏はイベントが盛りだくさん。そんな大事な日、女性にとって不安要素になりうるのが「生理」。あなたはご自分の生理周期をご存知ですか?今回は、生理予定日を把握するための生理サイクルについてご説明します。

生理周期を知ろう

生理周期を知ろう

女性は、4つの生理周期サイクルで妊娠に備えています。

知っておきたい!生理のメカニズム

①月経期・・・妊娠していない場合、黄体ホルモンの分泌が減少し、いならくなった子宮内膜がはがれ落ちて血液と一緒に体外へ排出されます。これが生理です。

②卵胞期・・・月経が始まってから排卵までの時期です。この時期、卵巣で数個~数十個の卵胞が成長します。しかし、卵胞刺激ホルモンの働きによって卵巣にある原始卵胞の一つだけが発育し、残りの卵胞は退化します。卵胞が発育するとエストロゲンの作用によって子宮内膜が少しずつ厚くなっていきます。

③排卵期・・・成熟した卵胞から卵子が放出される時期です。卵胞が成熟するとエストロゲンの分泌がピークに達し、黄体形成ホルモンが放出されることで、卵胞から卵子が飛び出します。これが排卵です。

④黄体期・・・排卵後から月経が始まるまでの時期です。排卵後、卵胞が黄体という組織に変化して、黄体ホルモンが分泌されます。すると受精卵が着床して妊娠したときの準備のため、子宮内膜が厚みを増し、やわらかくなります。

生理周期の計算の仕方

生理周期は、生理が始まった日から次の生理がくる前日までの日数を一つの生理周期とします。正確な自分の生理周期を知るためには、4回以上の周期の平均値をだすのが良いでしょう。一般的な生理周期は、25~38日といわれています。

生理周期と基礎体温の関係

生理周期と基礎体温の関係

基礎体温は自分の体調変化のものさしになります。自分の基礎体温を記録することで、より正確に妊娠しやすい日、妊娠しにくい日、生理予定日を把握することができます。

基礎体温の測り方

目覚めてベッドから起き上がる前の寝た状態で、婦人体温計を舌の下中央にある筋の部分に挟んで測定します。普通の体温計で測定できるのは少数点以下1桁までですが、婦人用体温計では小数点以下2桁まで測定することができます。測る部位も脇の下ではなく、より正確に測れる口の中で測定しましょう。

基礎体温と生理周期の関係性

毎日の基礎体温の微妙な変化によって、今の生理周期を把握することができます。生理開始日を1日目として、そこから14日程度低温期が続きます。この時期は、月経期~卵胞期にあたります。その後、排卵期を経て高温期が14日ほど続きます。これは黄体期です。
このように基礎体温と生理周期には密接な関係があり、基礎体温を知ることは、自分の生理予定日を管理するうえで非常に大切なことなのです。

生理予定日をずらすことは可能?

生理予定日をずらすことは可能?

「大事なイベント当日、絶対に生理をかぶらせたくない!」そんな切なる思いをもった女性は多いはずです。そもそも、生理予定日をずらすことはできるのでしょうか?

確実な方法は薬(ピル)を服用すること

ピルは産婦人科で処方してもらうことができます。ピルと聞くと、避妊のための薬というイメージが強いかもしれません。ですが、ピルには生理痛の緩和や生理不順の改善にも効果があり、メリットの多い薬です。ピルに含まれる女性ホルモンが子宮内膜が剥がれ落ちるのを留めておくことができます。そのため、服用し続けることによって生理予定日を遅らせることができるのです。

生理予定日に悩む多くの女性がすること

科学的な根拠はありませんが、生理日をどうしてもずらしたいという女性がよく試している例をご紹介します。

①大豆製品を摂取する
②マインドコントロール
③生理がきているひとには近づかない

生理予定日を意図的に遅らせようと無理な運動、ダイエット、大豆の大量摂取などをすると、 生理不順の原因になりかねません。生理周期を正しく把握し、なるべくかぶらないように イベント事の日程調整をすることも大切です。 自分の生理周期をつかむために、生理アプリの利用がおすすめです。とくに生理アプリ「ルナリッタ」は、生理周期だけでなく、基礎体温のグラフ管理や自分の予定をまとめてスケジュールで管理ができます!ぜひダウンロードしてみてください。
***

生理は女性にとって身体の状態を知るための大事なサイクルですが、大切な用事の日に突然生理になると、とても憂鬱な気持ちになる方は多いのではないでしょうか?自分の生理周期を管理することで少しでも不安を軽減し、イベント盛りだくさんの楽しい夏に向けて準備をしましょう!

App Store Google Play