LunaRitta

まずは食事から!美容と健康を手に入れよう

「いつまでも美しくありたい!」と考える方は多いのではないでしょうか。
肌老化やアンチエイジングは、女性にとって永遠のテーマ。

美容と聞くと、スキンケアが多く挙げられますが、それだけではありません。
美容には健康が大きく関係しているのです。

まずは食事から!美容と健康を手に入れよう

美容と健康の関係性

肌荒れやニキビ、乾燥などの肌トラブルは、内臓器官の不調が原因で引き起こされていることがほとんどです。
そのため、肌面だけのスキンケアだけでは完治は難しいといえるでしょう。

たとえば、便秘がつづくと老廃物が体内に溜まり、肌荒れの原因に。
高血圧であれば、血の巡りが悪くなり肌のくすみや乾燥の原因につながります。

身体が健康であれば、肌質もおのずと美しいほうへ変わります。
肌だけではなく、唇のうるおいや髪のツヤ感も健康に大きく影響しています。

このように、美容と健康は大きく関係しています。
しかし、このような身体の不調は、摂取する食べ物から改善できるのです。

美容と健康のために!オススメの食材は?

美容と健康のために!オススメの食材は?

美容と健康でもっとも大切なのは“食事”です。
身体の美容と健康をつくる・保つための食材をそれぞれご紹介します。

*アボカド*
女性に人気の高いアボカドは、ビタミンB群、ビタミンC、Eを豊富に含んでいます。
ビタミンB群は、肌荒れ防止に欠かせない成分のひとつです。

また、ビタミンC、Eは抗酸化作用を持っています。
肌老化の原因となる酸化を防ぎながら、肌荒れやくすみなどの改善効果もあります。

ビタミンCは美白効果だけではなく、コラーゲンをつくる細胞を増やすはたらきがあるので、肌のうるおい・ハリを保ってくれます。
ただし、アボカドはカロリーが高い食材なので、食べすぎには注意しましょう。

*パプリカ*
カルテノイドという脂肪燃焼効果と抗酸化作用をもつ成分を含んでいます。
肌老化を防ぎながら、ダイエット効果も期待できる食材です。

また、ビタミンCは熱に弱いといわれていますが、パプリカに含まれるビタミンCは熱を通してもほとんど量が変わらないという特性があります。

*にんじん*
シミやしわ予防に効果的なβカロテンを多く含んでいます。
βカロテンは、体内でビタミンAに変化し、肌を保護する役割に。内側からの紫外線対策にもオススメです。

ビタミンAは、皮膚や髪の毛など常に生まれ変わるものの細胞を活性化させる役割があります。
このことをターンオーバーと呼び、ターンオーバーが活性化されることで、美肌・美髪を保つことができるのです。

*ベリー類*
ビタミンCとポリフェノールを含んでいるため、抗酸化作用が高く期待できます。
腸内環境を改善する食物繊維も豊富なので、便秘解消にもつながります。

*トマト*
ビタミンEの20倍の抗酸化作用を持つといわれているリコピンを豊富に含んでいます。
さらに、3大美容といわれているビタミンA、C、Eすべてを含んでいるので、美容効果は高く期待できるでしょう。

*炭水化物やたんぱく質*
ビタミンEやミネラルを含む玄米は、食物繊維も多く含んでいるので便秘にお悩みの方にもオススメの食材です。
ライ麦や全粒粉のパンは、血糖値の上昇を抑えて、糖化しにくい食材です。

・自分に合った食事法で取り入れよう
食材の効果や腸内環境などは、人それぞれ異なります。“やり過ぎ”には注意しましょう。
身体に良い食材でもやり過ぎると、かえって逆効果になることも。
少しずつ生活に取り入れて、ご自身の体調をチェックしながら試してみてください。

美容と健康のためのさまざまな方法

美容と健康のためのさまざまな方法

美容と健康に大切なのは、食べ物だけではありません。
食事を重要視していても、その他が疎かになっていては良い結果は期待できないでしょう。

・生活習慣
美容と健康にとって生活習慣も大切なポイントです。

たとえば、睡眠は人間にとって重要な役割を果たします。
睡眠は、ホルモンの分泌、新陳代謝の活発化のはたらきがあります。このはたらきがなされることで、肌のうるおいやハリなどの美肌を保つことができるのです。質の良い睡眠をとれば、より効果を高めることができるでしょう。

適度な運動も大切です。運動には、健康的な身体をつくりながら、美容効果のあるホルモンの分泌や血の巡りを良くする効果があります。このはたらきが活発になることで、肌のターンオーバーが促進され、肌老化の防止が期待できます。
また、適度な運動は良い気分転換となり、ストレス発散にもつながります。

・スキンケア
スキンケアには「洗顔、乾燥、紫外線」の3つの基礎があります。
*洗顔*
まずはスキンケアの第一歩、洗顔です。
間違った洗顔方法をつづけてしまうと、ニキビやシワ・たるみの原因に。
洗顔は、洗顔料を泡立てて、指の腹で洗います。このとき、なるべく肌表面に摩擦が起こらないように心掛けましょう。

*乾燥*
乾燥は、肌老化や肌トラブルの大敵です。季節を問わず、保湿は十分に行うことが大切です。
抑えておくべきポイントは、化粧水のつけ方です。洗顔と同じく、化粧水はこすらずに肌に染み込ませるイメージで、やさしくつけましょう。

*紫外線*
夏というイメージが多いですが、紫外線は年中降り注いでいます。
紫外線のダメージが肌に蓄積されると、シミだけではなく、シワ・たるみが出やすい肌になってしまうのです。
日差しの強い日や、長時間の外出は必ず日焼け止めや紫外線対策グッズを身に付けましょう。秋や冬には、日焼け止め効果のある化粧下地をつけることをオススメします。

***

美容と健康は、深く関係しています。
身体が健やかであれば、おのずと美しさを手に入れることができるでしょう。

食事は普段の生活に気軽に取り入れることができるものです。外側のスキンケアだけではなく、内側からキレイになってみませんか?



AppStore GooglePlay