LunaRitta

六月病ってどんなもの?沈んだ気分を落ち着ける方法について

最近は新人研修の期間を長めに取る企業が増えたことから、6月に五月病のような症状に悩まされる方が増加しています。六月病にかかると、やる気が出なくなったり、体がだるくなったりと、心身にさまざまな不調が表れます。
症状を悪化させないためにも対策を採ることが必要です。こちらでは六月病の症状や対策方法についてお伝えします。

五月病に引き続き、六月病にも注意しよう!

五月病に引き続き、六月病にも注意しよう!

新生活で溜まった疲れが出て、気分が落ち込みがちになる「五月病」は有名です。
しかし、最近では「六月病」にかかる方が増えてきています。六月病にかかるのは新社会人が多いと言われており、研修期間を長めに取る企業が増えたために、5月ではなく6月に発症する方が増えたのではないかと考えられています。

6月は雨が多く、じめじめしているため、ただでさえ気分が塞ぎがちになる季節です。そこへ日常生活でのストレスが加わると、体の調子やメンタルのバランスを崩してしまう方が増えてしまいます。
一般的によく知られている五月病と異なり、六月病は見過ごされやすくなりますが、同じように注意する必要があります。6月に入ってから調子が悪い日が続くという方は、六月病を疑ってみてください。

六月病はどんなもの?気をつけたい症状について

六月病はどんなもの?気をつけたい症状について

五月病も六月病も正式名称ではなく、医療機関では「適応障害」と診断される病気です。以下のような状態が続く場合は、発症している可能性が高くなります。もしも症状がひどい場合は、医師に診察してもらうことも考えましょう。

・やる気が出ない
六月病になるとやる気が出なくなり、やるべきことを先延ばししてしまうようになります。

・気持ちが沈む
気持ちが沈み、「楽しいことがない」と考えるようになります。

・体がだるい
体が重くなり、疲れがなかなか取れなくなります。

・めまいや動悸がある
めまいがしたり、心臓がドキドキしたり、息苦しくなったりといった症状が出ます。

・寝付きが悪くなる
なかなか寝付けなくなったり、深夜に目が覚めてしまったりします。

・食欲が無くなる
食欲が湧かなくなり、食べ物をおいしいと感じられなくなります。

沈んだ気分を落ち着ける方法

沈んだ気分を落ち着ける方法

六月病にかかっているかもしれないと感じたら、早めに対策を採りましょう。気分が落ち込んでいるときは、家にこもって何もしたくないとお思いになるかもしれません。
しかし、その状態がより状態を悪化させてしまうことにもつながります。

人は落ち込んでいるとき、「普段の活動」「楽しいと感じる活動」「必要な活動」の3つの行動が減っていくと言われています。初めは部屋の掃除や植物への水やりといった普段から行っていた行動をしなくなり、趣味に楽しさを感じられなくなります。さらに悪化すると、家賃や光熱費の振り込みといった必要な行動まで行う気力がなくなってしまいます。

悪循環に陥るのを避けるためにも、気分が塞いでいるときこそ行動してみましょう。たとえば、散歩に出かけて外の景色を眺めたり、部屋の片付けをしたりといったことが有効です。それも難しい場合は、朝に窓を開けて新鮮な空気を吸うだけでも効果があります。些細なことでも行動すると、気分が少しずつ良くなっていきます。

また、リラックスできるような行動を心がけることも大切です。友達や家族と会って話すといったように、楽しい時間を過ごせるように心がけましょう。

女性の場合、生理周期によっても心身に不調が出ることがあるため、お気をつけください。「ルナリッタ.」のような生理周期予測アプリを活用すれば、体調の変化に気づきやすくなります。不調になりやすい時期には、温かいハーブティーを飲んだり、ゆっくりお風呂に入ったりして、体と心を休めるようにしましょう。

***

最近は5月ではなく6月に心身に不調が現れる方が増えています。特に新社会人の方が発症しやすくなるため、ご注意ください。六月病の対策には、些細なことでも体を動かしてみたり、リラックスできる時間を増やしたりといったものがあります。

不調のときは、できるだけ自分をいたわるようにしましょう。症状がひどい場合は、医療機関の受診も検討してください。心身の健康管理に注意して、不調になりやすい6月を乗り切りましょう。

関連記事

社会人に多い6月病とは?5月病との違いは?

App Store Google Play