LunaRitta

繰り返す顎ニキビへの対処法

女性にとって厄介な肌トラブルであるニキビ。身体の様々な部位に発生するニキビですが、その部位によって発生原因が異なることを皆さんご存知でしょうか。
今回の記事では、顎にできるニキビの発生要因とは何なのか、そしてどのような予防をすることができるのかについてご紹介します。

顎ニキビができる原因とは?

顎ニキビができる原因とは?

顎ニキビは、スキンケアを徹底してもなかなか改善しにくく、治ってもまた繰り返し発生しやすい厄介なニキビです。ニキビは紫外線や誤ったスキンケア方法など外的要因によってできる場合が多いですが、顎ニキビ発生の要因は、内的要因に起因することが多いのが大きな特徴です。顎はホルモンバランスの影響を受けやすく、ストレスなどでホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌をおこして毛穴をつまらせ、ニキビを発生させてしまいます。
また、顎という部位自体もともと毛穴が発達しておらず、皮脂分泌の少しの増加でもすぐに毛穴が詰まってしまう非常にデリケートな部位で、肌のターンオーバーが遅い場所でもあります。そのため、一度ニキビができてしまうと治りにくく、ニキビ跡として残ってしまうリスクも高くなるのです。

顎ニキビは男女で発生原因が異なる

顎ニキビは男女で発生原因が異なる

顎ニキビ発生は内的要因に起因する場合が多いと説明しましたが、一概にすべての人に当てはまるわけではありません。特に男性と女性とでは、男女特有の体質から顎ニキビの発生の原因になることが多くなっています。

男性の場合

髭剃りが顎ニキビの原因となることが多いです。毎日の顎やフェイスラインのヒゲ処理によって毛穴周辺の角質が厚くなり、ニキビができやすい肌環境を作ってしまいます。髭剃りによる刺激で肌のバリア機能が低下し、雑菌も侵入しやすくなってしまいます。

女性の場合

毎月の生理によるホルモンバランスの変化によって、顎ニキビが発生する場合があります。生理前に分泌量が増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)は皮脂分泌を促進して肌の水分を奪う作用をもっており、肌の乾燥と新陳代謝の悪化を促します。ある一定の時期になると顎ニキビが発生してしまうという悩みを持っている女性は、この生理前の黄体ホルモンが原因かもしれません。

生理サイクルを知って顎ニキビを予防

生理サイクルを知って顎ニキビを予防

顎ニキビが繰り返しできてしまう女性は、生理だから仕方がないと諦めてしまっている方もいるかもしれません。しかし、生理前の女性ホルモンのバランスを調整することができれば、顎ニキビ発生のリスクを軽減することができます。生理前に以下の食品を摂取することがおススメです。

・大豆イソフラボン
肌の調子を整え、精神をリラックスさせる女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。肌に弾力と潤いを与えて美肌効果抜群の成分です。生理前に不足してしまうエストロゲンの不足を補う働きをします。
・ビタミンB6
エストロゲンの代謝を促す働きがあります。顎ニキビ予防だけではなく、生理トラブルやPMSなどの症状に悩む方も積極的に摂取することでトラブルのリスクを軽減することができます。主にマグロ、カツオなどの魚類や牛、豚、鶏のレバーなどに含まれています。

生理サイクルは女性にとって大切なサイクルですが、顎ニキビをはじめとする肌トラブルを引き起こしたり、倦怠感やイライラするなどの精神的な不調をもたらしたりします。そのため、多くの女性の悩みの種になっていると思います。
こうした生理トラブルを少しでも和らげるためには、生理周期を把握して対策を立てることが非常に重要です。生理周期アプリのルナリッタ.では、生理周期の管理はもちろん、生理サイクルにあわせた美容ケア情報なども得ることができます。自分の生理サイクルをしっかりと管理する習慣を作って顎ニキビ予防をしましょう。

***

顎ニキビの主な原因となるのが、ホルモンバランスの乱れです。女性の多くは、生理前にホルモンバランスが乱れることで繰り返し顎ニキビができてしまいます。スキンケアなど外側からのニキビ対策は難しいですが、ホルモンバランスを整える栄養素を摂取するなど体内に働きかけることで、顎ニキビの発生を予防したり悪化を防いだりすることはできます。
自分の生理周期をしっかりと把握して、生理前に合わせて顎ニキビ対策をしましょう。

関連記事

あなたの夏ニキビを汗が救う!?
その肌荒れ、周期ニキビかも?しつこい肌荒れの予防と対策

Sample Company Sample Company