LunaRitta

夏の肌トラブルのお悩みは食べ物で解決しよう

夏といえばイベントが多く楽しい季節です。そのため外出する機会も増えるでしょう。ですが、夏の気候が及ぼす肌への影響は気になりますよね。夏は肌にとって過酷な季節です。夏に起きる肌トラブルは以下の症状があげられます。
・ニキビ、吹き出物
・シミ、そばかす、たるみ
・乾燥肌、小じわ

夏の肌トラブルの原因

夏の肌トラブルの原因

夏に起こる肌トラブルの原因について見ていきましょう。

ニキビ、吹き出物

夏は大量に汗をかくため、少し外に出るだけでも汗だく…なんてこともあるのではないでしょうか。この汗や皮脂などが毛穴にたまることによってニキビや吹き出物の原因になります。
また、日焼け止めもニキビや吹き出物の原因になります。日焼け止めの多くが、汗で落ちないようにウォータープルーフになっています。このため、普通に洗顔するだけでは、日焼け止め成分がしっかりと落ちていない場合があります。肌に残った日焼け止めは、毛穴に詰まったままのため、ニキビや吹き出物の原因になります。

シミ、そばかす、たるみ

夏の代表的な肌トラブルは紫外線が原因のシミ、そばかすです。
シミの原因はメラニン色素の過剰生成が原因です。紫外線などのダメージを受けるとメラニンが過剰に生成され、排出できず肌に沈着し、シミやそばかすの原因になります。
また、肌の外側にある角質層が紫外線によってダメージを受けることで保湿機能やバリア機能が低下するため、たるみなどの原因になります。

乾燥肌、小じわ

オフィスをはじめとして、夏はエアコンをつけっぱなしな室内にいることが多いのではないでしょうか。エアコンのかかっているところは空気がとても乾燥しています。そのため肌が乾燥する原因になります。また、乾燥が悪化することで小じわができる可能性もあります。
夏に起こりやすい肌トラブルを予防・改善するために、日々のスキンケアも大切ですが、食事でもケアすることができます

夏の肌トラブルは食べ物で解決

夏の肌トラブルは食べ物で解決

美肌を目指すのであればビタミンACEと呼ばれるビタミン類やビタミンB群の摂取がおすすめです。
ビタミンACEとはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの3つを合わせたものです。このビタミンは抗酸化ビタミンと呼ばれ、紫外線やストレスによって生じる活性化酸素を除去や抑制する働きがあります。シミやシワなどの老化を防ぐために役立ちます。
ビタミンB群は新陳代謝を促進し、肌のターンオーバーにも欠かせません。肌荒れ防止に重要です。
以下ではビタミンACEやビタミンB群を含む食べ物になります。意識してこちらの食べ物を摂取するようにしましょう。

ビタミンAが含まれる食べ物

レバー、うなぎ、たら、モロヘイヤ、黄身など

ビタミンCが多く含まれる食べ物

パプリカ、パセリ、キウイ、いちご、ブロッコリーなど

ビタミンEが含まれる食べ物

すじこ、かぼちゃ、アーモンド、アボカドなど

ビタミンB群を含む食べ物

豚肉、うなぎ、レバー、牛乳、かつお、ほうれん草など

ビタミンB群は糖質や脂質、タンパク質など代謝や疲労回復に欠かせません。ビタミンB群は水溶性なので生で食べたり、煮汁ごと食べられる料理がおすすめです。 ですが、糖質や脂質の取りすぎには注意しましょう。

***

夏といえば外出する機会が増えますが、その分肌のダメージも多い季節です。日焼けや乾燥、シミなど肌トラブルが多くあります。スキンケアのほかのも食事で肌トラブルを予防することができます。
美容情報アプリ「ルナリッタ.」では季節にあったスキンケアの方法や美容サロンの予約ができるので是非活用してみてください。

関連記事

夏のダメージを残さないために…秋にやるべきケアとは?
夏は毛穴の開きにご注意!毛穴のない肌にするには?!

Sample Company Sample Company