LunaRitta

寒い冬にすっきり目覚める方法とは?

気温が下がり一気に冷え込む冬の朝。布団から出られない…なんて方も多いはず。
実は冬は朝起きられなくて当然な条件が揃っているからです。今回は冬の朝は起きられない原因とその対策についてご紹介します。

寒い冬にすっきり目覚める方法とは?

■寒い冬は起きるのが辛い!原因とは?

寒い冬の朝は、暖かい布団から出るのはつらいもの。果たしてそれだけが原因といえるでしょうか?ここでは朝、起きられない原因についてご紹介します。

・日照時間が短く、体内時計が狂うため
体内時計はおよそ25時間で一日となっています。実際の1日は24時間のため1時間の時差がでます。この時差を修正するためには太陽の光を浴びることが大切。
ところが冬は日照時間が短く、さらに日差しも弱いため、体内時計が狂いやすくなかなか覚醒モードにならないのです。カーテンを開けておくなど、太陽の光が入るように工夫しましょう。

・体温が下がりやすく上がりにくい
寝ている間は身体を動かさないので、血流の悪く、身体が温まりません。そのため、体温や血圧が低くなります。
そこに寒さが加わることでますます起きるのが辛くなります。
さらには、低血圧・低体温の傾向があると朝なかなか起きられません。

■寒い冬にすっきり目覚めるためには…

■寒い冬にすっきり目覚めるためには…

起きられなくても当然な条件が揃っている冬の朝。すっきり目覚めるためには、以下の方法をとることがおすすめです。

・睡眠の質を高める
睡眠は心身の疲労回復を早めてくれます。睡眠の質が下がりやすい冬はしっかりと睡眠時間を確保しましょう。必要な睡眠時間は1日7〜8時間と言われています。
すっきり起きられないのは睡眠の質が下がり、疲労感がとれていないためです。

・起きる時間に合わせて部屋やお布団を温める
冬の朝が辛く原因は寒さと体の冷えです。そこでおすすめなのが起きる時間に合わせて部屋や布団を温めることです。起きやすい環境を作るようにしましょう。
起きてすぐ白湯を飲み、体を温めることもオススメです。

・シャワーを浴びる
寝起きの体は副交感神経が働いたリラックス状態ですが、朝に熱いシャワーを浴びることで交感神経が活発に。交感神経が活発になることで、すっきりと目覚めて、体が活動状態になります。
逆に夜はぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が働き、リラックス効果を得ることができます。

・起きてすぐカーテンを開ける・部屋の照明をつける
覚醒モードのスイッチは太陽の光を浴びること。起きる時間に太陽が出ているのであれば、カーテンを開けて、太陽の光を浴びるようにしましょう。
しかし、冬は日の出が遅いため、いつも起きる時間には太陽が出ていないこともあるでしょう。その場合は、部屋の照明をつけるだけで同じ効果が期待できます。


また、布団から出る前に体を軽く動かすことで体温を上げることができます。
簡単なストレッチをして布団から出るのもオススメですよ。

■睡眠の質を高める方法

■睡眠の質を高める方法

睡眠の質を上げることで寒い冬の朝でも、すっきりと目覚めることができます。睡眠の質を向上させるほど、疲労から心身を回復させるのです。睡眠の質を高めるためには、睡眠するための準備が大切です。

・寝る一時間前に湯船に浸かり、しっかり温まる
体から熱が放出されることで眠気が起こる仕組みになっています。湯船に浸かることで体が温まり、血流やリンパの流れがよくなるので疲労回復効果が見込めます。
寝る直前ですと、目が冴えてしまうので寝る30分前にはお風呂を済ませておきましょう。

じっくり湯船に浸かることで、胃腸の動きが活発になり、朝に胃もたれなどの症状を軽減してくれる効果もあるのです。

・寝る前のスマートフォン・PCは避ける
スマートフォンやPC画面から発せられるブルーライトは目に見える光の中で最も波長が短く、エネルギーが強いといわれています。
さらに、メラトニンの分泌量が抑制されて寝つきが悪くなります。メラトニンは睡眠促進ホルモンのことを指します。光を感じている昼間の時間帯はその分泌が抑制されますが、光が弱くなる夕方頃からメラトニンの分泌が増える仕組みになっています。

最も良くないのは、スマートフォンを夜だらだらと見てしまうこと。夜、スマートフォンを見る時間を、他のことの時間をあててみることも大切です。
好きな入浴剤を入れてゆっくりとバスタイムに時間をかける・アロマを焚いて読書をするなど。やってみたいと思いつつ時間がない方はこの機会に始めてみましょう!

そして就寝前は、スマートフォンをベッドに持ち込むのは厳禁。
手の届かない場所に置くようにして、寝る前にスマートフォンを見るのは控えましょう。


また、睡眠不足は肥満になりやすいホルモン環境を作り、高血圧や2型糖尿病になるリスクを高めるので注意が必要です。

***

寒くてなかなか起きられない冬の朝。冬は朝起きれない条件が揃っているためです。
ですが、寒くて起きづらい朝も少し工夫するだけですっきり目覚めることができます。ご紹介した方法を試して、気持ちの良い1日を過ごしましょう!



AppStore GooglePlay