LunaRitta

乾燥から肌を守る冬のスキンケア法

衣替えをする、こたつをだす、温かい飲み物を持ち歩く・・・など。
本格的な冬の到来で、徹底的な寒さ対策をしている方も多いはずです。
この寒さ対策、実は肌にもしてあげる必要があります。冬はとくに肌が乾燥しやすい季節。肌にとっても寒さが天敵なのです。
今回は、乾燥の季節である冬に徹底すべきスキンケア方法について紹介します。

乾燥から肌を守る冬のスキンケア法

カサカサ肌をつくるNG行動

冬は寒さによって湿度が低くなりやすく、お肌の乾燥を招きやすい季節です。寒さによる血行不良で肌環境も悪くなります。さらに、冬の寒さゆえの行動が、肌の乾燥をさらに悪化させる結果になることも。
カサカサ肌をつくる冬のNG行動とはいったい何でしょうか?

1)暖房をかけすぎている
寒い冬に欠かせない暖房ですが、長時間つかうと肌を乾燥状態にさせるきっかけになります。
暖房をつけると、湿度がだんだん下がります。30%を下回ると、白い粉がでるほど肌が乾燥状態に。肌は乾燥するとバリア機能が低下し、シワやシミ、ニキビなどの肌トラブルにつながります。
また、湿度の低下によって免疫力が下がり、体調不良や肌質悪化を招く場合も。加湿器をつかって室内の湿度を調節するなど、室内環境を整えることが重要です。

2)熱すぎるお風呂に長時間つかる
熱いお湯に長時間つかりすぎると、肌乾燥の原因になります。入浴すると血行が良くなるため、一見熱いお風呂につかるのは肌に良いように思えます。しかし、これは肌へ想像以上のダメージを与えています。熱すぎるお湯は、肌に必要な皮脂や保湿成分まで流してしまいます。長時間の入浴によって、ドライスキンが進んでしまうのです。
また、熱いお湯は皮膚自体への刺激も強く、かゆみなどの炎症を引き起こすきっかけにもなります。お風呂の温度は、38〜40度程度にし、10分程度の入浴にとどめておくと良いです。

3)スキンケアのしすぎ
肌が乾燥しやすい冬は、特にスキンケアに敏感になる方も多いですが、ケアのしすぎはさらなる肌乾燥を招きます。執拗なケアが原因で肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌トラブルを引き起こすことも。
以下に、とくに注意したいケア方法をまとめました。

・スクラブやピーリングなどのスペシャルケアのやりすぎ
・すすぎを30回以上している
・乳液やクリーム、美容液などの多種類のケア商品をつけすぎている
・化粧を落とす際に、高温のお湯でごしごしこすっている

これらは肌の角質層にダメージを与え、カサカサ肌をつくります。乾燥しやすい冬だからとケアをしすぎると、さらなる肌状態の悪化を招く結果になってしまうのです。

正しい冬のスキンケア方法

正しい冬のスキンケア方法

正しいスキンケア方法を知ることは、冬の乾燥から肌を守るために重要なことです。
知っておくべき、正しい冬のスキンケアの手順とポイントを紹介します。

【クレンジング・洗顔編】
クレンジングや洗顔をする際は、水に近い常温水でさっと洗いましょう。熱いお湯での入念なこすりは、肌乾燥の原因になります。力を入れずにやさしく洗い、どんなに長くても2分以内で洗顔を済ませましょう。肌に必要な皮脂や保湿成分をキープすることができます。
また、白い粉をふくほどの乾燥肌が気になる方は、洗顔料やクレンジング剤を見直す必要があるかもしれません。とくに注意したいのが、オイルクレンジング剤です。一般的に洗浄力が高く、乾燥肌の人には不向きです。乾燥が気になる方は、保湿力が高いミルクやクリームタイプのクレンジング剤を使いましょう。

【スキンケア編】
クレンジング、洗顔後はすぐに保湿ケアをしましょう。洗顔後の肌は、水分が急速に蒸発するためあっという間に乾燥します。化粧水や乳液などの保湿ケアは時間をあけずに行いましょう。
正しいスキンケアの手順は次の通りです。

ステップ1:化粧水
適量を顔全体に優しくなじませます。コットンを使うよりも直接手でなじませると、保湿力がアップします。
ステップ2:美容液
美容成分を肌に補給します。顔の中心から外側にむかってなじませていきましょう。
ステップ3:乳液&クリーム
保湿成分を与え、ふたをします。手で軽く温め、顔全体になじませていきましょう。

正しいスキンケアの方法は、うるつや肌を保つために最も重要なことです。
適度な頻度、適度な量を守った保湿を心がけましょう。

肌乾燥を防ぐ冬におすすめの食材

肌乾燥を防ぐ冬におすすめの食材

外側からの保湿ケアはもちろんですが、体の内側から肌環境を整えていくのもツヤ肌を手に入れるために大切なことです。肌の潤いキープに重要な栄養素は、私達が普段口にしている食材から簡単に摂ることができます。
特に、以下の栄養素が豊富な食材を積極的に食べましょう。

・たんぱく質(食材:肉、魚、大豆など)
たんぱく質は、細胞の土台となり乾燥肌防止をサポート。肌の新陳代謝を促して皮膚や髪の主成分になるなど、健康的な肌環境づくりには欠かせない栄養素です。

・ビタミンB2(食材:納豆、牛レバー、豚肉など)
脂質の代謝を助け、肌の再生を促します。皮膚や粘膜を守る働きをし、なめらかな肌づくりに一役買います。

・ビタミンA(食材:緑黄色野菜、うなぎ、卵黄など)
皮膚の粘膜を正常に保つためのサポートをします。健やかな肌や髪づくりを助け、肌環境を整えます。

***

冬は特に、肌乾燥に敏感になる方が多くなります。この冬の乾燥肌は寒さがもたらすだけでなく、あたりまえの生活習慣のなかにも乾燥をもたらす原因があるかもしれません。肌を乾燥から守るためには、スキンケアはもちろん食事による内側からのケアも重要です。本格的な冬を前に今一度、生活習慣を見直してみると良いでしょう。



AppStore GooglePlay