LunaRitta

痩せやすいのは●●後だった!ダイエットで生理周期を意識するべき理由

ダイエットを続けているのに、なかなか成果が出ない……もしかしたらそこには、生理周期が関係しているのかもしれません。女性の体は、生理周期によって痩せやすい時期と痩せにくい時期とがあります。ご自身の体の状態を知り、ダイエットにお役立てください。

痩せやすいのは生理後!ダイエットを始めるなら今かも?

痩せやすいのは生理後!ダイエットを始めるなら今かも?

女性の体は、生理後に痩せやすくなります。その理由は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの影響によって、代謝が良くなったり、食欲が抑えられたりするためです。具体的には、生理が開始した日から数えて8~20日にあたる期間が、ダイエットに適しています。

そもそも女性の生理周期には、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが大きく関わっています。どちらも女性が妊娠するために欠かせないものです。これらの2つのホルモンは、生理周期に合わせて交互に分泌量が増えたり減ったりしています。

エストロゲンは、生理後から排卵前にかけてより多く分泌されるようになります。この時期は代謝が良くなる傾向にあり、体に溜め込んだ水分を排出しやすくなります。プロゲステロンは、排卵後から次の生理前にかけて分泌されるホルモンです。この時期は栄養分や水分を体に溜め込みやすく、ダイエットにはあまり向かないとされています。

痩せにくい時期は注意しよう。排卵後から生理中の過ごし方

痩せにくい時期は注意しよう。排卵後から生理中の過ごし方

生理周期を意識すれば、効果的にダイエットに取り組むことができます。ここでは、特に痩せにくい時期と言われる排卵後から生理中までの過ごし方についてご紹介します。

ダイエット中のストレスを上手に解消しよう

排卵後から生理前にかけては、プロゲステロンの分泌が多くなるため、体が痩せにくい状態になります。それだけでなく、食欲が高まるとともにイライラを感じやすくなる時期ですから、ダイエット中は上手にストレスと付き合っていきましょう。どうしても甘いものを食べたくなったときは、糖分が少ないハイカカオチョコレートなどを少しだけ食べて、気持ちを落ち着ける工夫をしてみてください。

塩分をなるべく控えよう

プロゲステロンの分泌が多くなるこの時期は、むくみが気になりやすくなります。塩分の多い食べ物をなるべく控えるように気を使うとともに、なるべく体を温めるようにしましょう。なお、むくみによって体重が大幅に上下することもありますが、気にしすぎると却ってストレスを溜めることにつながります。そもそもむくみやすい時期であると理解して、リラックスしてお過ごしください。

生理中には無理をしないこと!

生理中のダイエットは、体調を考慮して無理のないようにしましょう。そもそも生理中は、まだ体がむくみやすくダイエットに最適な状態とは言えません。また、引き続きむくみやストレスが気になる時期でもあります。生理痛など体調の問題が生じることもあります。運動を再開するタイミングは、体に負担をかけないように決めてください。

生理周期を意識したダイエットをするには

生理周期を意識したダイエットをするには

ダイエットに効率良く取り組むためにも、今後は生理周期を意識したいですよね。ところが、痩せやすい時期と痩せにくい時期とを自分で管理するのは、やや手間がかかります。単純に生理周期の記録をつけるのであればスマートフォンアプリが便利ですが、そこからダイエットにつなげるためには、どうしたらいいのでしょうか?

そんな女性におすすめしたいのが、生理周期アプリの「ルナリッタ.」です。こちらのアプリでは、生理周期と美容情報を同時に管理できます。生理日を登録するだけで、痩せやすい時期と痩せにくい時期とが、見やすいグラフ表示にできるのです。もちろん体重登録もできますから、ダイエットアプリとしても十分に活用できます。

女性の健康と美容には、大きな関わりがあります。便利なスマートフォンアプリで美容と健康を同時に管理して、スマートにキレイになりましょう!

***


女性がダイエットをするとき、痩せやすいのは生理後から排卵前の時期です。反対に、排卵後から生理中にかけては、痩せにくい状態になります。便利なスマートフォンアプリを活用しながら、効率良くダイエットに取り組みましょう。

関連記事

たった1日で1kgも体重が増えた!?生理と体重の関係
今からでも遅くない!冬~春に始めるダイエットの秘訣
ダイエットで痩せないのはなぜ?なかなか結果が出ない理由5つ

Sample Company Sample Company