LunaRitta

バード山根の芸能裏話を、当たる占い師!南きさらぎが斬る!
西野カナの活動休止

突然の『無期限活動休止』宣言の西野カナ
〜その裏にはアッと驚く計画が‥

現在、日本サイコーのDIVA・西野カナ(29)が2月3日の横浜アリーナ公演終了をもって活動を休止した。

しかも「無期限」。3月18日の30歳の誕生日を直前に控えての“爆弾発言”だけに、様々な憶測を呼んでいる。

 30歳と言えば、「女性の結婚適齢期」(今はもっと上?)と言われる。 女子アナは30歳を前に急にソワソワと焦り出し、フリーを模索する。『売り時』を考えているからだ。

 例えは違うかも知れないが、西野の場合も節目の30歳を前にアレコレ考えたハズだ。 結婚説からノドの不調、さらには実業家への転身説‥。 デビュー10周年の昨年は、日本全国47都道府県でライブを開催し、「オラが町にもカナやん」が来たということで大盛況を収めた。 大みそかの紅白歌合戦にも9年連続で出場。 そのまま今年、10年連続出場を目指すかと思いきや年明けの1月8日に本人のホームページで、 無期限活動休止が発表され上へ下への大騒ぎとなった次第だ。

 だが、ファンの皆様! ご安心ください。彼女は必ずや帰ってきます! その理由を二つ挙げて見ますとーーーー。

バード山根アイ

  • まずは期限を決めずに「いろいろと挑戦したい」と心境をつづったこと。 「恋愛ソングの教祖」「JKのアイドル」と言われる彼女だが、実は大の洋楽好き。 過去のインタビューでは「ポップスはあまり聴かず、レゲエやインディーズ系が好きです」と答えている。 売れるために、本来は好きなタイプではない音楽を発信してきた? が、デビュー10年が経ち、30歳になるということで一度、リセットしたかったということが容易に想像できる。

  • 「芸能界をやめる」と言って帰って来た例も多い。 2018年1月に「ももいろクローバーZ」を卒業し、 芸能界を引退した有安杏果が1月15日、自身のツイッターで芸能界復帰を発表。 いわく「音楽活動や写真活動を通して表現し伝えていく活動を始めます」とし、個人事務所を設立したことも明かした。

     また1992年に女優デビューを飾り、今では人気ドラマに数多く出演している内田有紀だが、 彼女も一時芸能界から引退していた時期がある。

     2002年の11月に引退を発表し、翌12月に俳優の吉岡秀隆と結婚を発表。 しかし、その3年後の2005年に吉岡と離婚し再度、芸能界にカムバックした。

 一度、スポットライトを浴びた人間はなかなか裏方には徹することは出来ないものである。 ましてや西野の場合、「引退」とは言わず「いろいろ挑戦したい」と語っていることがポイントだ。 何年か後にはリフレッシュし、パワーアップした姿が見られそうだ。

LunaRittaで話題の当たる占い師!
南きさらぎが西野カナを占う!

 西野カナさんの楽曲の中に「I say、がんばれ私!がんばれ今日も」というセリフの歌詞があるが、 いつも20代女性の心の中を上手く歌い続け、等身大女性の心をグッと掴んできた。

 そんな彼女が30歳を前に休止宣言をされた。だが、西野カナさんを占ってみると休止宣言をするのも理解できる。

西野カナさんを鑑定

 まず、東洋占星術で観ると、丁丑生まれで外見は穏やかで異性にもてる星。 西洋占星術でも太陽は魚座で、ほんわかした雰囲気はTVで観ているのとほぼ同じ様相。

 だが、内面を象徴する月の位置は獅子座にあり、かなり自己主張も強く、外見とのギャップはかなりあるようです。

 恋愛面も待つタイプでなく、自ら気に入った異性にはアプローチし、 いつのまにかご自身の世界の中に上手く巻き込んでいく恋愛上手な方。

 そんな彼女の休止宣言ですが、西野カナさんの想像力をかきたてる星や物事を開拓していく星、 また、一方でしっかり物事を形にしていく星のこれらに、今のままで同じようにしていたらダメだよ。 という破壊と再生の星が5年ぐらい前から重なってきたこと。

 更に、運勢の体内時計を観てみると、3年ぐらい前から「今の形の私でいいの!?」「もっと本当の自分に戻らなければ。」 というような、何か変わらなければという意識が今回の休止宣言の発表となったのでしょう。

30歳前後の人は注目!

 多くの方も30歳前ぐらいに人生を見直す試練の星が巡ってきます。 試練の星というと辛いものだと思われますが、これはその人が次のステップに上がるための成長に必要な事を学ぶ時期でもあります。

 人によって、星と星との関係で成長していくためのテーマは違いますが、何かと選択と岐路に立たされます。

西野カナさんのホロスコープ
西野カナさんのホロスコープ

西野カナさんの未来を予測!

 では、そんな新しい岐路に立った彼女の今後を観ると、休止宣言から2年間ぐらいで、 今までの今後のありかたをリセットし、ご自身の方向性を見出します。

 本格的に動き出すのは今から10年後。そこで、新しい西野カナさんが生まれ、活躍をし始めるのではないでしょうか。

 但し、今のような大きなプロダクション、レコード会社に属して仕事はしていかないのではないかとも思われます。

 等身大の女性の心を歌で表現してきた西野カナさんが、10年後にどんな事をどんなふうに表現してくれるのか楽しみです。

  • バード山根
    バード山根

    山根弘行(やまね・ひろゆき)芸能ジャーナリスト。行政書士。

    日刊スポーツ新聞社、プロ野球巨人担当を経て、編集局文化社会部記者に。

    「日本レコード大賞」審査員、「宮沢りえ&貴乃花の破局」のスクープで社長賞を獲得。 その後、テレビ朝日のワイドショーで芸能デスク兼レポーターをつとめる。フジテレビ「バイキング」等に出演中。

  • 南きさらぎ
    南きさらぎ

    気学・四柱推命・風水などの東洋占星術から西洋占星術を研究。

    過去に読売新聞の大手小町で「コスモスプラネット占い」、扶桑社ESSEで「南きさらぎの後天開運講座」、 日本工業新聞「南きさらぎの強運改造講座」など。他、企業の社内報でコラムを連載するなど、 女性からビジネスマン向けと幅広く連載を執筆。

    現在は相談者の鑑定を中心に活動しながら、オリジナルな占術を研究中。相談者の話を丁寧に聞くスタイルに定評あり。

お問い合わせ先:minamikisaragi_info@maxmedia-tv.com