LunaRitta

環境が変わる春だからこそ、心がけたいメンタルケア

春になると、なぜか調子の悪さを感じることがありますよね。暖かくなって過ごしやすい気候になったのに、どうして気分が落ち込んでしまうのでしょうか?

今回は、そんな春にメンタルの不調を起こしやすくなる理由と、その対処法についてお伝えします。

春は環境が大きく変わる季節

春は環境が大きく変わる季節

いよいよ4月から新年度が始まります! 春は年度の変わり目ということで、進学・就職・転職など、さまざまなライフイベントが控えている方が多いのではないでしょうか?中には、すでに引っ越しを終えて一息ついている方や、今まさに忙しい日々を送っている方もいらっしゃるかもしれません。

一緒に過ごす人が変われば、住む場所も変わり――1日のうち多くの時間を過ごす環境が、大きく変化したはずです。

このように、なかなか落ち着かない時期だからこそ、春はメンタルにも影響が出やすい季節だと言われています。少し心に余裕がなくなっているのを感じたら、意識してメンタルケアを行いましょう。

こんな症状がみられたら注意しよう

こんな症状がみられたら注意しよう

春に忙しい日々を送っているうちに、知らず知らずのうちに、心と体に疲れを溜めてしまっていないでしょうか? もしも下記のような症状がみられたら、一度立ち止まってご自身をいたわる時間を作ってあげましょう。

・食欲がまったくない/過食にはしっている
・疲れが取れない
・体がだるい
・以前は好きだった趣味を楽しめない
・何事にも興味がわかない
・眠れない・寝つきが悪い

これらの症状に心当たりがある方は、やや心のバランスが崩れている状態かもしれません。ご自身に無理のない範囲で、生活習慣を改善してみてください。
また、日常生活を送るのが難しいほど落ち込んでしまったときは、医療機関で医師の診察を受けることをおすすめします。

春のメンタル不調をケアする方法

春のメンタル不調をケアする方法

春に起こりやすいメンタル不調をケアするために、ご紹介する方法をお試しください。

【生活習慣を一定に保とう】
メンタル不調をケアする基本は、規則正しい生活習慣を守ることです。毎日の寝る時間と起きる時間、そして食事の時間が一定になるように調整してみてください。無理のない範囲で、自分の生活リズムを作っていきましょう。また、なるべく旬の食材に期待できる健康効果を活用するのもおすすめです。疲労回復に役立つヤマイモや、緊張を和らげるシュンギクなど、春の味覚を上手に取り入れてみてください。

【たまにはゆったり休憩しよう】
新生活の忙しさから、自分を追い詰めてしまっていないでしょうか? たまには休息を取るのも大切です。ゆったりとお茶を飲んだり、暖かい外を散歩したり、自分の心を休める時間を作りましょう。毎年のようにこの時期にメンタル不調を起こしていると、また次の年に過去の記憶が思い出されて、春に苦手意識を持ってしまうことがあるようです。自分で自分の調子をみて、いたわってあげてください。

【生理周期に注目してみよう】
女性は生理周期によって、メンタルが不調になりやすい時期があります。特に、生理前に多く分泌される「黄体ホルモン」には、気分を落ち込ませる作用があるため、生理前から生理中にかけて憂鬱になりやすくなります。このように、生理周期によってメンタルに影響が出ることもあるため、体調管理に気をつけて、心と体と上手に付き合っていきましょう。その際は、生理周期を管理することで心身の調子が見えやすくなるアプリとして、「ルナリッタ.」をぜひご活用ください。

***

今回は、春に起こりやすいメンタルの不調についてお伝えしました。この時期の不調を見逃してしまうと、そのまま5月や6月まで調子の悪さを引きずってしまうことがあります。新年度のスタートを気持ちよく着るためにも、ご自身の心と体を大切にしてあげてください。生理周期アプリを通して落ち込みやすい時期を把握し、意識してケアしていきましょう。

Sample Company Sample Company