LunaRitta

冷えとむくみが気になる冬!生理前のむくみを解消するには?

冬になり寒くなってからというもの、よりむくみを感じるようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この時期の女性は、生理前のむくみも特に気になりますよね。
こちらでは、そんな冬場に気になるむくみとその対策についてご紹介します。

寒い冬は体がむくみやすい季節

寒い冬は体がむくみやすい季節

寒い冬は血流が悪くなりやすく、むくみが起こりやすい季節だと言われています。朝起きたときに顔がやや腫れているように感じたり、夕方が近づくにつれて靴下や靴がきつく感じたり、むくみの症状が気になるという女性も多いのではないでしょうか。

このようなむくみの症状は、冬場の女性のファッションとも少なからず関係があります。スカートを身につける女性は、冬になると厚手のタイツや靴下を重ねて着用することがあり、知らず知らずのうちに圧迫していることがあるのです。このような状態で、長時間のデスクワークなどの運動不足に陥ってしまうと、よりむくみを感じやすくなってしまいます。

また、女性の体はプロゲステロンという女性ホルモンの影響から、生理前にむくみやすくなる傾向にあります。何かとむくみが気になる冬は、むくみ対策をしてなるべく快適に過ごせるように工夫をしてみてください。

冬場にできるむくみ対策

冬場にできるむくみ対策

冬場のむくみが気になるときは、今日からできる方法でむくみ対策をしましょう。

ふくらはぎのマッサージをする

デスクワークで長時間イスに座ったままで過ごす方は、ふくらはぎのむくみを感じやすくなります。むくみが気になるときは、簡単なマッサージをしましょう。ひざを軽く曲げた状態で、両手のひらでふくらはぎを下から上へ向かってさすっていきます。何度か繰り返したら、もう一方の足もマッサージを行ってください。

塩分とアルコールを控える

むくみが気になるときは、普段の食生活にも気を使ってみましょう。塩分の多い食べ物やアルコールは、なるべく控えるようにしてください。特に、忙しいときに便利なカップラーメンやレトルト食品は、塩分の多い食べ物として知られています。反対に、カフェインが少なくて温かい、ほうじ茶などの飲み物で水分を取るとよいでしょう。

なるべく体を温める

デスクワークをしているとき、足元に冷えを感じることがないでしょうか? 冬場にはひざ掛けを用意して、足元を冷やさないようにお気をつけください。また、運動不足もむくみの原因のひとつだと言われています。体を温めるためにも、ウォーキングをはじめとした簡単な運動の習慣を取り入れるようにしましょう。

自分の体がむくみやすい時期を知っておこう

自分の体がむくみやすい時期を知っておこう

女性の体は、生理周期に合わせて1カ月のうちで調子が変化しています。そんな中でも、特にむくみが気になりやすいのは、生理前だと言われています。その理由は、プロゲステロンという女性ホルモンの影響によって、水分を体の外へ排出しにくくなるからです。また、この時期は便秘にもなりやすいため、よりむくみを感じやすいと言えます。

このように、生理周期による体調の変化に気づくためにも、日頃からご自身の生理周期を把握して、きちんと管理しておきましょう。自分自身の体が今、どのような状態にあるのかを知れば、むくみなどの気になる症状に対策しやすくなります。

そんな生理周期を管理する方法としておすすめなのが、「ルナリッタ.」をはじめとしたスマートフォンアプリを活用する方法です。毎月の月経の記録を管理するとともに、自分の生理周期に合わせた美容情報を得られるルナリッタ.なら、今の体の状態にぴったりなケアができます。寒い冬のむくみが気になる方は、この機会にご自身の体についてより理解を深めてみてはいかがでしょうか?

***

気温が低い冬場は、血流が悪くなりやすいため、むくみが気になりやすい季節です。生理周期との関係からもむくみやすい女性は、自分の体の状態をよく理解して、むくみ対策を始めることをおすすめします。