LunaRitta

妊活に生理周期アプリを使う3つのメリット

妊活を始めた女性がやるべきことは何でしょうか? それは、ご自身の体の記録をつけておくことです。情報を記録しておけば、妊娠確率をアップさせられるだけでなく、万が一、医療機関で不妊治療を受けることになってしまったときにも役立ちます。今回は、妊活に生理周期アプリを使うメリットを3つお伝えします。

妊活確率をアップさせるにはどうしたらいい?

妊活確率をアップさせるにはどうしたらいい?

妊活を始めたら、まずは妊娠確率をアップさせるために、自分の排卵日を把握しておきましょう!
そのためにできるのは、基礎体温など体の記録をつけておくことです。約1カ月間ある生理周期は、体温の低い「低温期」と、体温の高い「高温期」に分かれています。一般的には、このうち低温期の最終日に排卵日があると言われています。

もっとも妊娠しやすいタイミングを把握するためにも、これからは基礎体温をつけるとともに、ぜひご自身の体のリズムを理解しておきましょう。そんなとき、用意しておくと便利なのが「ルナリッタ.」などの生理周期アプリです。生理周期と合わせて基礎体温の情報を登録しておけば、妊活の記録を一括で管理できます。

ここからは、妊活に生理周期アプリを使うメリットについてご紹介します。

Sample Company Sample Company

【メリット1】妊娠しやすい時期がひと目で分かる

妊娠しやすい時期がひと目で分かる

生理周期アプリは、これまでの生理周期を登録するだけで、生理開始日や排卵日を自動的に計算してくれます。基礎体温の記録と合わせてデータを参照すると、妊娠しやすい時期がひと目で分かるようになるのがメリットです。

基礎体温の記録は、グラフにして見なければ、なかなか低温期と高温期の境目が分かりにくいもの。だからこそ、生理周期アプリで体温をグラフ表示させて、かつ生理周期アプリが計算した排卵日と照らし合わせることで、より妊娠しやすい日を見えやすくしておくと安心です。

Sample Company Sample Company

【メリット2】産婦人科の診察準備ができる

産婦人科の診察準備ができる

妊活中は、何かと産婦人科に足を運ぶ機会が多くなります。産婦人科を受診するときに必要となるのが、これまでの生理周期の記録です。さらに、不妊治療を受けるのであれば、最低でも3カ月分の基礎体温の記録が必要となります。
すぐにでも診察を受けたいのに、今から3カ月分の基礎体温の情報を集めるとなると、非常に時間がかかります。また、必要なデータがない状態で診察を受けても、診察を担当する医師にとって判断しにくい状況になってしまうでしょう。

これらの記録は、妊活を始めてからコツコツと残しておかなければ、いざという時に困ってしまうことにもなりかねません。診察のために、生理周期の記録と基礎体温の記録を同時に管理するなら、いつでも持ち歩けるスマートフォンのアプリが便利です。

Sample Company Sample Company

【メリット3】妊娠検査薬を使うタイミングが分かる

妊娠検査薬を使うタイミングが分かる

妊活を始めて、生理が来なくなった――そんなとき、妊娠したかどうかを確かめたい方は、産婦人科を受診する前に、ご自身で妊娠検査薬を使うことがあるでしょう。 一般的に、市販の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から検査が可能となっています。

このように、生理予定日を正確に把握しておきたいときも、生理周期アプリを活用可能です。 生理周期アプリに生理日の情報を登録しておくと、次の生理予定日がより正確に分かるようになります。
妊娠検査薬を使うのに適切なタイミングをはかるためにも、ぜひ妊活を始めたら生理周期アプリで管理を始めてみてください。

***

今回は、妊活で生理周期アプリを使うメリットをご紹介しました。「ルナリッタ.」には、こちらでご紹介した便利な機能がすべて用意されています。生理周期の管理や、基礎体温の登録はもちろんのこと、カレンダー表示で2つのデータを合わせて確認することも可能です。これから妊活で使う生理周期アプリをお探しの方は、ぜひダウンロードしてご利用ください。

Sample Company Sample Company