LunaRitta

生理痛がひどくなる原因は?体をいたわる痛みの対策

あまりにも生理痛がひどく、日常生活を送るのが難しい方は、「月経困難症」である可能性が考えられます。その一方で、痛みをやわらげるために自分でできる対策をお探しの方のために、この時期の過ごし方についてお伝えします。生理にともなって現れるさまざまな痛みとその対策について、ぜひ参考にしてみてください。

お腹や頭に現れる、さまざまな生理中の痛み

お腹や頭に現れる、さまざまな生理中の痛み

毎月のように、生理中の体に不調が現れるということがないでしょうか。特に、お腹に強い痛みを感じるという方や、頭痛があるという方が多いかもしれませんね。また、そのほかの部位に痛みをおぼえるという方もいらっしゃるかもしれません。

いわゆる「生理痛」と呼ばれるものとして、代表的に“下腹部の痛み”が知られています。しかし、中には腰痛や頭痛に悩む方もいらっしゃいますし、そのほかの部位に痛みが現れることがあります。また、その痛みの程度には個人差があり、人によって感じ方はさまざまです。

このように、生理中にさまざまな痛みが現れるのは、自然なことではあります。しかし、日常生活を送れないほどの強い痛みを感じる場合は「月経困難症」が疑われますから、念のためにも婦人科を受診しておくことをおすすめします。

生理中の痛みをやわらげるためにできること

生理中の痛みをやわらげるためにできること

生理中の痛みをなるべくやわらげるために、ご自身でできる対策をご紹介します。ただし、症状がひどいときはすみやかに医師の診察を受けましょう。

体を冷やさないようにする

生理中にはなるべく体を冷やさないように、身につけるものにも気を使いましょう。温かい衣服を身に着けたり、必要に応じてひざ掛けを使ったりして、寒くならないように調節します。また、生姜やニンニクをはじめとした体を温める食べ物を、食生活に取り入れるのも有効です。その際は、体がむくみやすくなる塩分はなるべく控えておきましょう。

リラックスする時間を作る

ストレスが生理中の痛みを強くする原因となってしまうことがあります。1日のうちでリラックスできる時間を意識的に作り、ストレスを解消するための工夫をしましょう。たとえば、お風呂でゆっくりと体を温めたり、アロマオイルなどの安らぐ香りでリラックスしたり、自分にとって心地よい時間を用意してみてください。

薬で痛みをやわらげる

生理痛がひどいときは医療機関を受診するのが適切ですが、今すぐに対処したい場合には市販薬で痛みをやわらげる方法があります。購入する際には、ほかのお薬との飲み合わせなど確認事項がありますから、薬剤師に相談しましょう。

自分の体に合わせた対策をするために

自分の体に合わせた対策をするために

さまざまな痛みをはじめとした生理中のお悩みには、自分の体の状態に合わせたケアをしていくことが大切です。そんなときに便利なのが、生理周期アプリの「ルナリッタ.」。ルナリッタ.では、生理周期と照らし合わせて、現在の体の状態に合わせたアドバイスが表示されます。

たとえば、体を温める食べ物の情報や、リラックスするための過ごし方など、医師監修の便利な豆知識を得られます。アドバイスの内容は生理周期に合わせて変わるため、この時期にどんな風に過ごせばよいのかが、ケアの目安が分かりやすくなります。

もちろん、日常生活を送れないほど生理痛がひどいときは、婦人科を受診する必要があります。その一方で、自分でできる対策をお探しの方は、生理周期アプリで管理しつつ、自分との体と向き合ってみてはいかがでしょうか?

***

生理痛は誰にでも起こりうるものですが、日常生活を送れないほどひどい痛みは、「月経困難症」の可能性が考えられます。婦人科の医療機関で、医師の診察を受けることをおすすめします。その一方で、自分でできるケアをお探しの方は、この時期の過ごし方のヒントが得られる生理周期アプリの「ルナリッタ.」を活用してみてください。

関連記事

生理痛がひどいときにおすすめの食べ物・飲み物はどれ?

Sample Company Sample Company