LunaRitta

まさか私も?女性が知っておきたい月経前症候群(PMS)の兆候

生理前にイライラしたり、憂鬱になったりするのは、多くの女性が経験していることではないでしょうか。しかし、そのイライラや憂鬱の程度がひどく、毎月のようにつらい思いをしているときは、月経前症候群(PMS)を疑ってみましょう。今回は、PMSの症状や特徴についてお伝えします。

生理前のその不調、もしかしたら月経前症候群(PMS)かも?

生理前のその不調、もしかしたら月経前症候群(PMS)かも?

生理前になると気分が安定しなくなるというのは、誰にでもよくあることです。生理前になると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌され、それによって体にさまざまな影響が及ぼされます。そのうちのひとつに、気分の落ち込みやイライラといった症状があるのです。

このような気分の落ち込みやイライラは、人によって程度が異なります。日常生活を送るのにそれほど問題がない方もいれば、中には落ち込んでいつものように行動ができなくなったり、不安定な気持ちから泣き出してしまったりする方もいらっしゃいます。

生理はどんな女性でも経験するもの。「自分だけがつらいわけじゃないから……」と思って我慢してしまうこともあるかもしれません。しかし、実はそんなつらい症状は月経前症候群(PMS)の可能性がありますから、自分の心と体をいたわってあげましょう。

月経前症候群(PMS)の症状や特徴について

月経前症候群(PMS)の症状や特徴について

月経前症候群(PMS)とは、生理周期によって心と体に表れる、さまざまな不調のことです。PMSの具体的な症状やその特徴についてお伝えします。

心の不調

PMSでは、イライラして怒りっぽくなったり、その反対に気分が落ち込んで意欲がなくなったりといった心の不調が表れます。いつものように仕事ができなくなったり、わけもなく泣き出してしまったり、過食にはしってしまったりすることもあります。

体の不調

いわゆる生理痛と言われる下腹部の痛みや、頭痛や腰痛もPMSの症状です。ほかにも、めまいや吐き気などの体調不良となったり、便秘が続いたりといった不調も表れます。手足のしびれや微熱も、症状のひとつとして考えられます。

PMSの特徴

PMSの特徴は、上記で挙げたような症状が生理周期によって表れ、ある時期になるとすっと落ち着くようになることです。心や体に不調を感じたときは、生理周期アプリなどで体の調子を管理しながら、不調と生理との関係を確認してみましょう。

婦人科で受けられるPMSの治療とは

婦人科で受けられるPMSの治療とは

月経前症候群(PMS)の症状がひどいときは、婦人科の医療機関で治療を受けることができます。その際、まず必要となるのが自分の体の情報です。具体的には、3カ月分ほどの基礎体温表・生理周期の記録・自分の体調の記録があると、診察がスムーズに進みます。

その後は、症状によって医師が判断し、ピルや漢方薬が処方されます。軽度であればビタミン剤が処方されることもあり、その反対に心の症状が強い場合は、抗うつ剤や抗不安薬が処方されることもあります。お薬の力を借りるとともに、医師のアドバイスにしたがって、PMSの症状を和らげていきましょう。

生理周期によって体に不調を感じるという方は、まずは普段から自分の体についてこまめに記録をつけておくことが大切です。その際は、生理周期アプリを活用するなど、無理なく体の記録を残せるような工夫をしてみてください。

「ルナリッタ.」のアプリでは、生理周期はもちろん、基礎体温の管理や、その日のコンディションも登録できるようになっています。いざというときのためにも、自分の体を知るために便利な生理周期アプリを活用してみてはいかがでしょうか。

***

月経前症候群(PMS)では、生理周期によって心と体に不調が表れます。我慢できないほどの症状にお困りの際は、一度婦人科の医療機関を受診することをおすすめします。その際は、心と体の記録を残しやすい生理周期アプリの「ルナリッタ.」をお役立てください。

Sample Company Sample Company