LunaRitta

生理周期の乱れの原因は?対策できる?ストレスと月経の関係について

生理周期の乱れの原因として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。そして、そこにはストレスが関係していることも少なくありません。現在強いストレスを感じている心当たりのある方は、無理なくできることから対策を始めましょう。
ここでは、気になる月経とストレスの関係についてご紹介します。

生理周期が乱れる原因は?

生理周期が乱れる原因は?

生理周期が乱れる原因には、いくつか考えられるものがありますが、そのうちの1つに「ホルモンバランスの乱れ」があります。そもそも女性の生理は、視床下部・脳下垂体・卵巣がそれぞれホルモンを分泌することで、複雑にコントロールされています。そのため、どこか1つでもストレスによる影響を受けてしまうと、バランスが崩れて生理不順につながってしまうことがあるのです。

なお、生理周期に多少のずれがあったとしても、定期的に排卵さえあれば、体調に問題はないと考えられています。しかし、24日以下でふたたび生理が来てしまう「頻発月経」や、39日以上にわたり生理が来ない「稀発月経」が疑われたら、念のためにも婦人科を受診しておくと安心です。また、経血量があまりにも多すぎたり少なすぎたりする場合も、同様に婦人科の受診を検討しましょう。

ストレスで生理周期が乱れたときの対策

ストレスで生理周期が乱れたときの対策

ストレスで生理周期が乱れたときは、基本的に婦人科で生理周期を整えるための治療を受けます。診察の際には、最後の月経がいつだったのか、過去数カ月の生理周期はどのようであったかなど、これまでの体の記録が必要です。受診前にスムーズに答えられるよう準備をしておきましょう。

ストレスの原因に心当たりがあるのであれば、それを軽減するための対策をします。たとえば、“仕事の繁忙期”など時期が来れば状況が改善される見込みがあるのであれば、それまでの期間は治療を続けていくという方法があります。あるいは、カウンセリングによって根本的にストレスを減らすという方法もあります。

ストレスの原因がまったく分からない場合であっても、ひとまず生理周期を整えるためにホルモン剤による治療を受けることがあります。医師の指示に従って、健康的なサイクルを取り戻していきましょう。

自分の体は自分で管理しよう

自分の体は自分で管理しよう

生理周期の乱れに自分自身で気づくためには、日頃から自分の生理周期を管理していくことが大切です。頻発月経や稀発月経は、記録をつけなければ見逃してしまうこともあるかもしれません。生理周期の乱れを意識するようになったら、婦人科を受診するための準備としても、まずはきちんと記録をつけるところから始めましょう。

しかし、お仕事やそれぞれの家庭の事情により忙しい女性にとっては、生理周期を記録するというちょっとした作業すら、わずらわしいと感じられてしまうこともあるでしょう。そんなときにおすすめなのが、スマートフォンのアプリを活用して簡単に記録をつける方法です。

中でも生理周期アプリの「ルナリッタ.」は、シンプルな入力画面で簡単に生理日を登録できるため、忙しい女性にもおすすめです。カレンダー表示をすれば、生理日や排卵日をひと目で確認できます。さらに、生理周期と連動して現在の体調管理や美容にまつわる医師監修の情報をチェックできるのも魅力です。

自分自身の生理周期を把握するためにも、婦人科受診の準備をするためにも、便利な生理周期アプリを活用して体の状態をよく知っておきましょう。

***

生理周期の乱れの原因には、ストレスが関係していることも少なくありません。多少のずれ程度であれば問題がないと言われますが、頻発月経や稀発月経が疑われるときは、念のため婦人科を受診しておくことをおすすめします。その際は、生理周期を管理するためにも、スマートフォンアプリの「ルナリッタ.」を活用すると便利です。